公式ブログ

全ての記事一覧

2013年~2014年版 2級・3級テキスト

明日、12日(水)。
『天文宇宙検定公式テキスト2級 銀河博士《2013年~2014年版》』と、
『天文宇宙検定公式テキスト3級 星空博士《2013年~2014年版》』が、
書店発売されます。

2013年~2014年に開催される
天文宇宙検定の受験用テキストです。
(4級は、昨年のテキストから出題されます)

『ごっそり新しい内容になっているに違いないわ!』
そんな御期待は、すっぱり裏切って、
大幅に、ごっそり、全面改訂、とはなっておりません。
天文宇宙検定委員会の先生方は、
『昨年のリベンジを!』という方にも優しいんです(?)。

改訂された箇所は、
学術的に裏付けのあるものについて、
最新の数値や観測成果を反映し、
時事問題を差し替え、
章末問題を全部入れ替え、
……一見、わかりづらいのですが、
結構、変更していますね(汗)。
本当に先生方が、やさしいのか怪しくなってきました。

では、本になる前の「ゲラ」段階のものですが、
中身を少しご紹介いたします。

3級6章より

3級は、小学校高学年の方にも挑戦していただけるように、
フリガナを大幅に増やしました。
天文学って特殊な読み方をする語句が多いですものね。

かくいう言う、わたくしも、
いまだに「がいわくせい」なのか「そとわくせい」なのか、
口にする前に一瞬、言いよどんでしまいます。
それって、天文の担当編集者としてどうなのだろう。

3級テキストの内容は、
中学までに学ぶ天文学の知識、
そして、天文宇宙関連の時事問題が中心です。

今回から、2級には、宇宙工学の分野、
おもに、ロケットのしくみや人工衛星の種類などに関する章が、
1章分、追加されました。

ご購入の際には、旧テキストと間違われないように、
ご注意ください。

詳細はこちらから。
『天文宇宙検定公式テキスト2級 銀河博士《2013年~2014年版》』
『天文宇宙検定公式テキスト3級 星空博士《2013年~2014年版》』

『三鷹・星と宇宙の日 2012』へ行ってきました

10月26日(金)、27日(土)に、

国立天文台で『三鷹・星と宇宙の日 2012』が

開催されました。

 

講演会や天体観望会が催され、

普段見られない施設も見学できるんです。

 「三鷹」といえば、国立天文台のある星のまち。

普段は、木立に囲まれ、静かな天文台も

今日は、とってもにぎやかでしたー。

夜には、このグラウンドで、天体観望会が開かれるんです。

きょろきょろしてたら、思いっきりギンナン踏みつぶしました(泣)。

くさかったっす。

光学メーカーさんも出展されてまして、

望遠鏡をのぞかせてくれます。

このVIXENさんの望遠鏡は、

自動追尾装置付きの上位機種だそうです。

ぼくのお小遣いでは、

ちょっと(?)手がでないので、のぞくだけー。

こちらの50センチ反射望遠鏡では、

ベガを見せてもらえます。

青空にダイヤモンドみたいにキラキラして

なんとも不思議な感じでした。 

昼間でも綺麗に見えるんですね。

 こちらのほのぼのブースでは、

おまんじゅうとびわ茶で腹ごしらえ。

 この建物は、広い敷地の森のなかに、

ひっそりたたずむ太陽塔望遠鏡。

通称、アインシュタイン塔。

太陽の精密分光観測を行うために、

1930年(昭和5年!)に建てられました。

 

以前からね、ここに登ってみたかったんです。

編集者として仕事でお邪魔するときも、

外から見ることしかできないですから。 

 この装置は、塔のてっぺんにあるシーロスタット。

口径65センチの平面鏡2枚で、

太陽を追尾する装置だそうです。

年代物ですねー。

 

アインシュタイン塔は、

太陽の重力によって、

太陽光スペクトルの波長が、

わずかに長くなる現象、アインシュタイン効果の検出を

目的に建てられたのですが、

その目的は果たせなかったそうです。

 

でも、戦後日本の天文物理学の

輝かしい功績を支えた記念碑的な建物で、

1998年に国の登録有形文化財に指定されたそうです。

 

さてさて。

秋晴れの休日のお出かけ先としてお薦めの

「三鷹 星と宇宙の日」ですが、

事前にスケジュールを見て、

回る順番を決めておくと、

さらに楽しめるのではないでしょうか。

 

来年は、誰か誘って行きたいなぁ。

第2回天文宇宙検定 試験会場のようす

三連休のまんなか、10月7日(日)。

東京・大阪・名古屋で、第2回天文宇宙検定を開催しました。

当日のようすを御報告。

 

こちらは、東京試験会場の入口。

お天気もなんとかもちました。

会場となった大学キャンパスでは、

テキストを開いて、みなさん最後のチェックに余念がありません。

試験開始まで「全力疾走」といった感じです。

 

小学生のお子さんも勉強中。

 

こ、これは!? 単語帳ですね。

 

 

今回がはじめての開催となる

4級《星博士ジュニア》に挑戦される男の子。

「自信はどうですか?」とたずねたら、

親指立てて、『グッ!』ってしてくれたそうですよ。

頼もしいですね。

 

こちらは名古屋の試験会場のようす。

さまざまな年齢の方が、教室に集うという、

ちょっと不思議な光景。

 

こちらは、大阪の試験会場。

いよいよ試験開始という緊張感が伝わるでしょうか。

 

受験生のみなさま、お疲れさまでした。

 

『みなさん、宇宙が好きなんだ』と思うと、

なぜだか、ドキドキしました(笑)。

今後とも、よろしくお願いいたします!!

 

さて、お知らせです。

10月9日(火)、正午に、

天文宇宙検定公式ホームページにて、

解答速報&解説をアップしております。

ご活用ください。

 

なお、試験結果については、

11月下旬を目処に全受験者へ合否通知を送付いたします。

合格者には、松本零士先生の

オリジナルイラスト合格認定証をお送りいたします。

 

採点結果・合否結果に関するお問い合わせ、異議申し立てには、

一切応じられませんので、あらかじめご了承ください。

 

第2回天文宇宙検定 受験申込締切ました

会場の定員に達しましたので、

第2回天文宇宙検定の受験申込を締め切りました。

たくさんのお申込みをいただきまして、誠にありがとうございます。

 

試験日は、10月7日(日)。

会場など、試験に関する詳細は、

9月下旬発送予定の

受験票とともにお送りいたします。

 

そのほか、御質問などございましたら、

天文宇宙検定運営事務局までお問い合わせください。

 

天文宇宙検定運営事務局

03-3233-4808

(10:00~12:00及び14:00~17:00 土・日・祝日を除く)

E-Mail : info_kentei@nippan.co.jp

※時間帯によって電話が通じにくい場合がございます。

その際はメールにてお問い合わせください。

 

2級テキストの誤植

公式テキスト2級において、誤った記載箇所がございました。
 

55ページ。図表4-4 。

解説文3~4行目。

はくちょう座アルビレオの等級について。

「明るい方のA星(5等星)」という記述は誤り。正しくは、「A星(3等星)」。

「暗い方のB星(3等星)」という記述は誤り。正しくは、「B星(5等星)」。

 

ご確認のうえ、ご利用いただきますようお願いいたします。

読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。