公式ブログ

全ての記事一覧

第11回天文宇宙検定 受験者データおよび講評

○第11回天文宇宙検定(2021年7月4日開催)

※2・3・4級のみ実施

●最年少受験者
2級 9歳
3級 7歳
4級 7歳

●最高齢受験者
2級 80歳
3級 71歳
4級 68歳
※年齢は受験申込時に受験者本人様に提出いただいた情報によります

●受験者男女比率
2級:男性 70.9%、女性 29.1%
3級:男性 55.4%、女性 44.6%
4級:男性 52.8%、女性 47.2%

●合格率
2級:46.7%
3級:81.1%
4級:78.5%

●最高得点
2級:96点
3級:99点
4級:91点

●平均点
2級:65.7点
3級:72.3点
4級:70.1点

〇第11回天文宇宙検定講評

2021年7月4日(日)開催の第11回試験もコロナ禍での開催となりましたが、例年と変わらず幅広い年代の方々に参加いただきました。第10回試験と同様に、受験された皆様には検温や会場での私語を控えていただく等のご協力をいただき、また、体調に不安のある方には参加をお見送りいただく等のご配慮もいただきましたおかげで、つつがなく無事に検定試験を終えることができました。
また、初の年2回試験開催の第1回目として7月の開催となりましたが、準備期間が短かったにもかかわらず平均点が大きく下がることもなく、受験者の皆さまの日ごろの努力の成果が認められる試験となりました。
ご参加いただいた受験者の皆様、試験監督官をお引き受けいただいたスタッフの皆様、変わらぬご支援をいただいた協賛・協力団体の皆様に、この場を借りてあらためて心より御礼申し上げます。
以下に、第11回試験の講評文を掲載いたします。解答速報と併せてご覧ください。

■4級

今回も10代未満・10代の若年層が4級受験者に占める割合は、相変わらず高く5割を超えた(55.5%)。
合格率についてみると前回(85.6%)より、やや下がり78.5%。世代別でみると、60代:83.3%、50代:100%、40代:90.0%、30代:91.7%、20代:88.2%と大人世代は前回とほぼ同様に高い合格率を維持している。若年層では、10代未満は75.0%(前回より2.4%増)と健闘したが、10代では65.4%(前回より18.6%減)と、10代の合格率が前回より下回ってしまったことが全体の合格率に響いたようだ。今回は前回の試験から7カ月後の7月上旬の開催だったので、学校の勉強・試験との両立が難しかったことが覗える。
正答率が高かった問題のうち、正答率が90%を超えたのは次の5問。【問29】月の特徴について問う問題(正答率97.9%)、【問8】地球がどの天体の種類にあてはまるかを問う問題(正答率95.8%)、【問33】銀河の写真がどれかを問う問題(正答率95.1%)、【問16】月と地球の重力の違いを問う問題(正答率90.3%)【問21】「はやぶさ2」がサンプルを取ってきた小惑星の名前を問う問題(正答率90.3%)。いずれも、定番問題や話題になっている天体について問う問題の正答率が高い。
正答率が低かった問題のうち、正答率が4割以下だったのは次の4問。【問11】ガリレオ衛星の中で水星とほぼ同じ大きさの衛星はどれかを問う問題(正答率11.8%)。少しひねった問題で苦戦したようだ。ガリレオ衛星の名前だけでなく、各々の特徴もおさえておこう。次に正答率が低かったのは【問2】現在、月にないものを問う問題(正答率21.5%)。②の大気を選んだ受験者が63.2%と圧倒的に多かった。月にはごく薄い大気があることを覚えておこう。次に正答率が低かったのは【問35】一番速度が速いものを問う問題(正答率31.3%)。地球は時速約10万8000kmという猛スピードで太陽のまわりを回っている。もう一度距離や速度についておさらいしておこう。【問36】月の中心にあるものは何かを問う問題(正答率34.0%)。月の問題は、問29のように高い正答率のものがある反面、問2、問36のように正答率が低い問題も散見される。テキストを暗記するだけでなく、基礎的な知識にさらなる積み重ねとして、意識的に様々な情報を掘り下げていくことをお勧めしたい。

■3級

いつも幅広い年齢層が受験しているが、今回は20代以下の受験者が6割近く(57.6%)占めている。ただ30代の受験者が8.6%(前回より6.7%減少)と少なかった。平均点は72.3点、合格率は81.1%(前回79.0%)と高い水準を維持している。
合格率を世代別でみると、70代:100.0%、60代:92.3%、50代:78.9%、40代:69.2%、30代:86.7%、20代:90.2%、10代:78.4%、10歳未満:66.7%であった。
正答率が高かった問題のうち、正答率が90%を超えたのは次の5問。【問14】太陽系が天の川銀河のどの位置にあるかを問う問題(正答率96.0%)、【問47】本初子午線となったのはどこを通る子午線かを問う問題(正答率94.9%)、【問9】太陽を表す天文符号を問う問題(正答率93.1%)、【問30】これまでに太陽系は天の川銀河を何周しているか問う問題(正答率93.1%)【問11】地球の自転の向きを問う問題(正答率90.9%)。定番・暗記問題の正答率が高いが、天の川銀河と太陽系との関係を問う問題が2問も上位に入ったのは喜ばしい。
正答率が低かった問題のうち、正答率が4割を切った問題は次の5問。【問33】「地球」という言葉を最初に使った人物を問う問題(正答率8.6%)、56.0%の受験者が④本木良永を選んだ。彼は「惑星」という言葉を訳出したとされる(なお、2017~2018年版公式テキストまでは、本木良永が「地球」という言葉をつくったとされると記述があったが、2019~2020年版公式テキストからマテオリッチに改められている)。次に正答率が低かったのは【問60】図から成層圏の領域を問う問題(正答率30.9%)。50.3%の受験者が②の中間圏を選んでいる。次に正答率が低かったのは【問44】月齢6程度の月と月食中の月との違いを問う問題(正答率35.4%)。月食は太陽がつくり出す地球の影に月が入る現象であるが、地球の大気によって欠けている部分との境界はぼんやりとしている。月食はよく見られる現象なので、実際に観望会などで確かめてみるとよいだろう。次に【問57】星座絵の銅版画の図が誰の観測結果に基づいて作られたかを問う問題(正答率36.0%)。【問53】小惑星番号に登録されている天体の数を問う問題(正答率37.7%)と続く。
天文学・宇宙開発は日進月歩である。天文・宇宙に関する最新ニュースにも関心を向け、知識をアップデートしていくことを心掛けることが必要であろう。

■2級

第9回試験より、2級の受験者数が3級を上回るようになったが、今年もさらに2級受験者数の割合が増加した。20代の受験者が28.2%と最も多いが、10代(19.8%)に次いで、例年50代の受験者も比較的多い(15.0%)のが2級の特徴だ。
合格率は46.7%で、第6回(63.8%)、第1回(56.4%)に次ぐ高さだった。世代別で見ると、80代以上、70代はそれぞれ100%、60代:52.4%、50代:55.9%、40代:42.9%、30代:57.1%、20代:43.8%、10代:31.1%、10代未満:50.0%(ただし、80代以上と10代未満の受験者数の割合はそれぞれ全体の1%未満)である。なお、今回は80点以上の高得点を取った方が全体の2割を超えた(前回は14%)。
正答率が90%を超えたのは次の3問。【問11】初期の宇宙が急膨張した様子の呼称を問う問題(正答率97.4%)、【問22】X線で撮影された太陽の画像を選ぶ問題(93.0%)、【問3】最も早く形成されたと考えられる惑星を選ぶ問題(91.6%)。また、【問4】HR図中の恒星のグループについての説明のうち間違っているものを選ぶ問題(87.7%)と【問44】天体の色と温度についての説明で間違っているものを選ぶ問題(87.2%)も定番問題で、正答率が高かった。
正答率が最も低かった問題は【問57】記録に残る日本最初の天体観望会において観望されなかった天体を選ぶ問題(正答率8.4%)。①太陽の黒点、③木星の衛星を選んでしまった方が多かった。次いで【問38】海王星が発見される過程の説明として間違っているものを選ぶ問題(23.3%)。理論的予測に基づく海王星の発見は、何名かの人物が関わったため難しかったのか、解答は分散していた。以下、【問14】恒星のスペクトル型に関する正しい説明を選ぶ問題(28.6%)、【問31】こと座環状星雲の図中のスケールを問う問題(29.1%)と続く。解答が大きく二つに割れたのが【問15】太陽質量の0.2倍の星の進化の正しい道筋を選ぶ問題(49.3%)。③の太陽質量の0.46~8倍の天体の進化過程を選んだ方も多かった(40.5%)。星の進化についての問題は頻出されるのでしっかり復習しよう。
2級は3、4級に比べて難易度がかなり上がり、応用問題でつまずく受験者も少なくないが、隅々までテキストを読み込めば合格ラインに届くはずである。当検定も第11回を数え、これまで出題されたことのある問題の類題が増えてきている。過去問題も掲載している問題集をぜひ活用していただきたい。
 

■総括

今年もコロナ禍の中での開催でしたが、あまり外出ができない分、本検定に向けて公式テキストの勉強ははかどったでしょうか。また公式テキストの内容や受検自体を愉しんでいただけたでしょうか。学んだ知識そのものも重要ですが、学ぶ過程や理解する瞬間こそ何よりもの歓びではないかと思います。さらには、観て面白かった映画の話をするように、自分が得た知識や理解を、他の人に伝え共有するのも嬉しいものです。本検定も11回目を迎え、最初のころに受検された小学生の人は大学生や社会人になっているでしょう。感慨深いものがありますが、まだ天文や宇宙への関心を抱き続けてくれているでしょうか。今回、本検定を受検されたみなさんも、運悪く不合格だった場合はもちろん、合格された場合も、そこで終わらずに、もっともっと前へ横へ奥へと知識の地平を広げていって欲しいと思います。

2021年12月吉日
天文宇宙検定委員会

第12回試験問題へのご質問に対する回答

第12回の試験問題について、ご質問をお寄せいただき有難うございました。
以下に、お寄せいただいたご質問・ご意見について回答申し上げます。

●2級問1について
【問題文】
ブラックホールに吸い込まれた物質はどうなると考えられているか。

①内部にとどまる
②一部はジェットとして吹き出す
③ワームホールを経由して別の場所に出現する
④ブラックホールの分裂(増殖)に使われる

【正答】
①内部にとどまる

【解説】
物質を吸い込むとブラックホールの質量は増加すると考えられており、吸い込まれた物質は何らかの状態で内部にとどまっていると考えられている。一方、ブラックホール天体からはしばしばジェットが吹き出しているが、これはブラックホールに吸い込まれ損ねた物質が吹き出しているもので、決して、内部から出てきたものではない。また、ワームホールは理論上は存在する可能性があるが、ブラックホールとは時空構造が異なっており、ブラックホールを2つ繋げたものがワームホールになるわけではない。なお、ブラックホールが分裂することはありえないと考えられている。

【質問】
こちらの問題文でブラックホールと書かれた部分はどこまでの範囲を示すものなのでしょうか? 問題文にブラックホールの中(事象の地平線を超えて)等と書かれていればある程度わかりますが、今回の問題文では単純にブラックホールとしか書かれていませんでしたので。

【回答】
2級公式テキストp.14に書かれているように、ブラックホールは、「(その内部からは光が脱出できなくなる)事象の地平面と呼ばれる球状の境界面で囲まれている。」という天体です。すなわち、事象の地平面の内部がブラックホールで、事象の地平面の外部はブラックホールではなくブラックホールの外ということになります。

●2級問21について
【問題文】
宇宙が生まれてから40万年後頃に起こった出来事は何か。
①最初の星の誕生
②宇宙の晴れ上がり
③宇宙の再電離
④特記すべきことは起こっていない

【正答】
②宇宙の晴れ上がり

【解説】
宇宙が誕生してから約38万年後に、陽子と電子が結合して水素原子となり、プラズマ状態(電離状態)の水素が中性状態の水素となった。その結果、それまで電離した電子(自由電子)と衝突して直進できなかった光子が直進できるようになった。これを宇宙の晴れ上がりという。その後、約2億年頃に、最初の星が誕生して、ほぼ同時期に、宇宙の再電離が起こった。

【質問】
天文宇宙検定2級公式テキストには「38万年頃」という記載しかないのに、「40万年頃」という問題文の表記はおかしいのではないでしょうか? 他のテキスト等では40万年という表記を行なっているのかもしれませんが…。
さらに、選択肢④「特記すべきことは起こっていない」という表現はかなり意地悪な問題だと思います。(質問文の内容は、一部改変および省略しております)

【回答】
まずは、当問題文の数値について、受験者の皆様に混乱を招いた点をお詫びします。
本検定の試験問題は公式テキストの記載に合わせるようチェックを行っておりますが、概算で数値を丸めることは天文学の世界ではよくあるため、当該問題の数値については見過ごされてしまいました。概算や桁丸めを承知して天文の世界に臨むと、より広がりをもってとらえられる点はご理解いただきたいところです。しかし、ご指摘いただきましたとおり、公式テキスト記載の数値「38万年頃」に合わせる配慮がなされるべきでした。
なお、選択肢④「特記すべきことは起こっていない」につきましても、公式テキストp.13の記載のとおり宇宙が生まれてから38万年後頃に宇宙の晴れ上がりが起これば、その2万年後の40万年後頃には「特記すべきことは起こっていない」と解釈できることから、②と④を正答といたします。

●2級問23について

【質問】
選択肢には「=」が必要なのではないか?

【回答】
天文宇宙検定では、複数の組み合わせで選択肢を記述する場合、
ア:〇〇 イ:△△
のように表記しています。アが〇〇、イが△△という意味です。
今回は語句ではなく数式でしたが、同様の表記で

と表記しています。これは、

で、

という意味で「:」を使用しています。

 

●1級問13について
【問題文】
日本の次世代ロケットH3の主な特徴はどれか。
①再使用型である
②段数を増やして効率化をはかる
③スペースプレーンを搭載している
④まだ策定中ではっきり決まっていない

【正答】
①再使用型である

【解説】
次世代の国産基幹ロケットH3は、従来は使い捨てだった一段目を、姿勢制御などで再着陸させて再利用する方向で開発が進んでいる。その結果、打ち上げ費用が100億円かかっていたH2Aに対し、25億円程度に大幅減できると期待されている。さらに2段目も再利用すれば、5億円程度になると予想されている。打ち上げ費用を大幅に下げることで、国際的な競争力を高め、世界の宇宙市場へ挑戦しようとしている。

【質問】
H3ロケットが「再使用型」というのは間違いではないか。

【回答】
ご指摘いただきましたとおり、1級問13の選択肢①に不備がございました。
H3ロケットが「再使用型である」のは間違いであり、選択肢の中に正答がありませんでした。
そのため、当該設問につきましては、受験者全員を正解といたします。
受験者の皆さまにはご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。
試験問題の確認体制をさらに強化し、再発防止に努めてまいります。