天文宇宙検定とは?

試験に関するお知らせ

お詫び 受験票記載の試験日の誤りについて

受験票に記載されている試験日に誤りがございました。大変申し訳ございません。
正しい試験日は受験要項やHPに記載している通り10月9日(日)です。
受験者の皆様には正しい受験票を再発送させていただきます。
ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、ご承知おきくださいますようお願い申し上げます。
10月9日(日)の試験当日には、どちらの受験票をお持ちいただいても受験することは可能です。


第6回天文宇宙検定の申込は、9月23日18時をもって締め切りました。
多数の申込をありがとうございました。

 


○第6回天文宇宙検定「2級銀河博士」答え合わせ会のご案内

東京会場、名古屋会場、大阪会場で検定試験終了後答え合わせ会を行います。参加者の方にはもれなくオリジナルポストカードをプレゼント。参加費500円。
講師は以下の先生です。
東京会場 梅本智文氏 自然科学研究機構 国立天文台
名古屋会場 澤 武文氏 愛知教育大学名誉教授
大阪会場 福江 純氏 大阪教育大学

 


○第6回 天文宇宙検定について

第6回 天文宇宙検定は、2016年10月9日(日)に実施します。
詳細は、受験のご案内をご覧ください。

 


○第5回天文宇宙検定受験者データおよび講評

第5回天文宇宙検定の受験者データと、検定講評を掲載いたします。

 

第5回受験者データ&講評

 


○3級公式テキスト(2015~2016年版)の誤植について

3級公式テキスト(2015~2016年版)において、
誤字がございました。
訂正し、深くお詫び申し上げます。

『天文宇宙検定公式テキスト3級(2015~2016年版)』正誤表

 


○試験問題の訂正とお詫び

1級試験問題において誤りがありました。
つきましては、下記のとおり対応いたしましたのでお知らせします。
——————
問27
選択肢の正答がないことにより問題が成立しないため全員を正解扱いとします。

正答は「こぎつね座」
——————
正しい解説は1級解答速報でご確認ください。

受験生の皆様にご迷惑をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。

 


○第5回天文宇宙検定 解答速報

第5回天文宇宙検定に多数の御参加をいただきまして、
誠にありがとうございました。
解答速報を掲載いたします。

 

第5回天文宇宙検定解答速報

 


○第5回「受験申込」受付終了のお知らせ

第5回「受験申込」の受付は、定員に達しましたので、終了させていただきます。
多数のお申込みをいただきまして、誠に有難うございました。

 


○2級公式テキスト(2015~2016年版)の誤植について

2級公式テキスト(2015~2016年版)において、記述に誤字脱字がございました。
訂正し、深くお詫び申し上げます。

『天文宇宙検定公式テキスト2級(2015~2016年版)』正誤表

 


○1級公式問題集(2014~2015年版)の誤植について

公式問題集1級において、記述に誤りがございました。
訂正し、深くお詫び申し上げます。
なお、解答には変更ございません。

『天文宇宙検定公式問題集1級(2014-2015)』正誤表

 


○1級公式参考書『超・宇宙を解く』の誤植について

1級公式参考書『超・宇宙を解く』において、記述に誤りがございました。
訂正し、深くお詫び申し上げます。

『超・宇宙を解く』正誤表(2016年9月23日更新)

 


○公式テキスト4級(2014年~2015年版)の誤植について

公式テキスト4級において、記述に誤りがございました。
訂正し、深くお詫び申し上げます。

22ページ 図表1-1 月の自転を示す青い矢印の向きが逆
・41ページ 10行目 「1億5000㎞」(誤)⇒「1億5000万㎞」(正)
43ページ 図表2-12 皆既日食がみえる場所に誤り
・96ページ 下から13行目 「1光年はおよそ10兆km」が正しい
・107ページ 太陽のふりがなは「たいよう」が正しい
・104ページ 図表5-8 大小マゼラン雲までの距離が逆。
「大マゼラン雲まで約16万光年」(正)
「小マゼラン雲まで約20万光年」(正)
・105ページ 図表5-10 「距離:2100光年」(誤)⇒「距離:2100万光年」(正)

 


○facebookページ始めました

  • 天文宇宙検定とは
  • 天文宇宙クイズ
  • 思い出星空★MAP
  • 私の愛した宇宙の本

天文宇宙クイズ

天文宇宙クイズ
「天文宇宙クイズ」は、天文と宇宙に関連した幅広い分野のクイズです。
あなたも、チャレンジしてみてください!

twitter